世界遺産登録後、富士山の初山開きに登った-Part1




DSC01404

一応、富士山が世界遺産に登録されてから、初めての山開きの日に拝ませていただいた、ご来光です(汗)。人生観が変わることはございませんでしたが、良い経験をしました。ありがとう!マウントFUJI!

今回の富士山ツアーは、サンシャインツアーという富士山に強い旅行会社のバスツアーを利用して行って参りました。14,000円というリーズナブルなお値段で運んでくれて、懇切丁寧な添乗員さん、登山ガイドさんに連れられての登頂、帰りに温泉もあるし、食事も良かったし、とても満足できる旅でした。

富士急雲上閣での昼食

まずは、富士山に登る前の昼食。小生の予想ではカレーライスでしたが、なかなかいいじゃん!お隣の貴婦人にコロッケも貰ったし、登頂前の腹ごしらえは完璧です!

富士山五合目付近

さあ、出発です。まずは平坦な道を軽やかに歩いていきます。まだまだ余裕です。(・∀・)ノ

安全指導センター付近のブル

富士山・安全指導センター付近にあったショベルカー。こいつとブルドーザーは、ブル専用道を走ることを許されます。(裏山C~)傾斜角に無理がありそうですが、バギーで登るのも面白うそうですね。

富士山・スバルライン・山頂分岐標識

さて、ここからが本番です。登山道も傾斜がきつくなっていきます。望む所です!(・ω<)

山小屋から山頂

連なる山小屋の先には富士山 山頂が見えております。近そうでまだまだ遠い。ここから4時間はかかるそうです。しかし、休憩が多すぎるしピッチも遅い!早くいこうぜと思っていましたが、あとで富士山の恐怖を思い知ることとなります。

富士山の空

富士山の空もなんだか美しいです。気のせいでしょうか?。。。

富士山の夕焼け

辺りも暗くなってきました。富士山の夕焼けは格別なような気がします。。美しいです!

がんばる富士登山仲間

厳しい上り坂が続きますが、みんながんばっています。素敵やん♡

富士山の日没

ぐあ~!暗い暗い怖ひ。ほのかに光り輝く山小屋がオアシスに見えるし、頻尿予備軍でもある年齢からして、一刻も早くレストルームに行かなくてはならぬ。と、色々考えてる時だったと思う。しかし、まだまだ遠い。腹も減った!

花小屋

やっとこさ、第一の山小屋「花小屋」さんに到着しました。まだまだ体力は有り余っております。何気に雰囲気ある写真かも。。気のせいか。

トモエ館

お次、七合目にあるトモエ館、本八合目にも別館があるようでして、大手山小屋といったところでしょうか。もしかすると、ここのオーナーは、富士山小屋組合の会長をしているかもしれません。あくまで推測の域ですが。。

山小屋のガルバリウム鋼板

何気に我が家と同じショートスパンのガルバリウム鋼板じゃん!と胸熱になったので、思わすシャッターを押しました。過酷な環境下である富士山でどれくらいの耐久性を発揮するのか見届けたいのは私だけでしょうか。

東洋館

東洋館の看板プレート、カッチョエエ!!!(笑)

白雲荘

ぐびっと早送りで、ご来光に備えて仮眠をとる、八合目にある白雲荘に到着!早くビールが飲みたくて死にそうだったので、即行ぐびっといきましたが、後にこのビールが祟っのか、地獄を見ることとなります。。

しかし、白雲荘さんのホームページ色々と感じるものがありますね。あの頃に戻りたい~!

とまあ、午前0時過ぎにかなり早い朝食を食って寝たふりをいたしました。流石に疲れてきたな~。

続く…

富士山ブック 2013 (別冊 山と溪谷)

スポンサーリンク

フォローする