METRIXのカメラグリップ&卓上ミニ三脚が便利すぎるけど配送が激遅!

スポンサーリンク

METRIX 卓上三脚/ミニ三脚 カメラグリップ

どーーーん!お気に入りのLX100にベストサイズじゃんかよ♪これで手持ち動画撮影もはかどる。

大活躍の予感しかしねぇー!カメラグリップ&三脚の二刀流

セルフタイマーを使っての記念撮影はしないけど、ミニ三脚はあるにこしたことない。このサイズなら常時カバンに入れとけるでしょ。

でもね、中国の田舎の方にある会社が製造した工業製品特有のあの独特な刺激臭がありますw

どんな臭いかは説明しなくても、分かる人には分かると思いますw

使用方法

カメラを載せ固定する雲台は、丸いボタンを押しながら動かします。

三脚スタイルにするには、脚を左右に広げます。

到着が超遅かったけど、嬉しかった件。

Amazonでの買い物なら、翌日、当日お届けが当たり前だけど、たまに海外からの配送商品とかあって、まっ、安いしそんなに急いでないし気長に待とうって時あるでしょ。

この商品もそうでして。今回は過去最遅の購入日から2週間を経過して届いた。(笑)

今回はあまりに遅すぎたためか、このMETRIX 卓上三脚/ミニ三脚 カメラグリップを買ったことすら忘れていました。

買ってない前提で忘れた頃に届くと、わりと嬉しいですよ。(笑)

てことで、中国からの送料含め275円って、、、

原価なんぼやねんw

LX100で使ってみたら、驚きの想定外!!

aa_1

ファインダー越しの撮影時、カメラグリップの先がちょうど大胸筋と三角筋の境目くらいに接触し安定感が増すのだ。※右目が利き目の人に限る。

光学手ブレ補正機能があるにせよ、小型のデジカメは左右に振れ、ばたつきやすい。ガシっとホールドされた状態だと、なぜか安心して撮影に集中できるもんだ。

ファインダー使用率が、グンと減った。

左手でカメラグリップを持ち、右手でカメラ本体をホールドしながらの撮影スタイルが、想定外に心地よかった。動画撮影時、腕への負担を軽減させる為のグリップとして活躍を期待していたが、むしろ静止画をどんどん撮る気にさせる事態となった。

背面液晶画面を見ながらの撮影は、カメラ本体の端を両手で支えるよりも、カメラグリップを用いた方が撮影しやすく、加えて水平を保ちやすいと感じた。

しかし、こんなシッポつけちゃうと、コンパクトデジカメの意味ねぇじゃんと思いつつも、今後も積極的に活用してまいりたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする