嘘か真か?毎朝ヨーグルト食べて 「花粉症を克服した話」→ 1日ティッシュ2箱の人が!!

朝食BIFIX

↑ブルガリアとビヒダスだけだと飽きるので、たまに挟ますグリコ。

結論!!ヨーグルトは花粉症に効く!!

まずは私の悲惨な花粉症偏歴をご紹介させていただきます。昭和50年代生まれのギリ昭和の雰囲気を素肌で知る世代。私がはじめて花粉症を発症したのは小学校5年生のときだ。教室の机の中に大量のティッシュを忍ばせ、授業中幾度と無く鼻をかみ騒音公害の元凶となっていた。

当時、花粉症は物珍しい存在であり、卒業式での涙が花粉症によるものだと認識していたクラスメートは皆無だったかもしれない。いや、花粉症を隠れ蓑にして実は泣いていたなんて口外できないけどね。

スギ花粉、ヒノキ花粉が飛翔するシーズンは地獄絵図!両親に杉や檜がない沖縄への移住を打診する手もあったのだろうが、小学生にそんな知恵は浮かばない。

あれから数十年、ずっーーと苦しんできた。タリオンなど、抗ヒスタミン系の薬が世に出てきて、ようやく辛さを解消できたわけだが、それでも花粉症スイッチが入ればマスクをしてようが関係なしに襲う終わることのない目の痒み、鼻水の垂れ流し。

ヨーグルトを食べるようになったキッカケ

ちょうど今から4年ほど前の2012年ごろから、まわりで「1年間、毎日ヨーグルト食べ続けたら、花粉症治った。マシになった。」という声をチラホラ聞くようになった。

ヨーグルト食べるだけ治るとか、そんなバナナ!と受け流していたが、

そもそもヨーグルトは、腸内環境を整える上でも素晴らしい食品だし、とにかくダメ元で1年間がんばって食べてみようと思った。

ヨーグルトを毎朝食べるのは、けっこうツラいんですが、慣れると習慣になってきます(笑)

kafun

本気で花粉症を治したいなら、ヨーグルトをテンコ盛りに!

どれくらいの量のヨーグルトを食べればよいのか?

私は特になにも考えず、できるだけ沢山食べようと試みました。普通は食べ切れないような量です。ブルガリアヨーグルトを3分の1ほどです。

ヨーグルト死ぬほど好きでもない人にとってはキツイ量でありますが、飲む感じで毎朝サクッと流し込んでいました。

結果的に、この頑張りが、後に好結果を生むことにつながったかもしれません。

ヨーグルトと毎朝食べ続けた結果?!

さて、1年間毎朝欠かさずヨーグルトを食べ続けて、はじめて迎える地獄の花粉シーズン。

結果は??

嘘でしょ!!??:(;゙゚’ω゚’):

まじかよ!楽だわ。楽。例年とまるで違う。薬(タリオン)を飲まなくても普通に日常生活をすごせる日も多い。

完治したわけではないけど、明らかに以前と違う。体質が変わった感じ。

これがヨーグルト効果なのかと、ヒデキ感激しました。

なんせ、ボックスティッシュ2箱を1日で使い切る重度花粉症患者でしたから。

ビフィズス菌が花粉症に効く?

どうやらヨーグルトの中のビフィズス菌が花粉症に効くらしい説が横行しているようだが、

ビフィズス菌を含めた乳酸菌全般が花粉症に何らかの作用をもたらし改善へ導いているというのが私の推論だ。

根拠は、ビフィズス菌を含有しない明治ブルガリアヨーグルトを食べる回数(比率)が多かったからだ。

だから、ビフィズス菌のビヒダスだけを食べ続ける必要はない。その日の気分で好きなヨーグルトを食べればいい。

毎日、ヨーグルトを食べるための秘訣

まーぶっちゃけキツいですわな。毎日ヨーグルトを食べるコツは、いろんな種類のヨーグルトを楽しむこと。それ以外にないな(笑)

毎日同じヨーグルトばかり食べると飽きるから、

ブルガリア → ビヒダス → 朝食Bifix → 小岩井 → カスピ海ヨーグルト → 高級な熟成ヨーグルト → その他いろいろ

このように、各社から発売されているいろんなヨーグルトを順繰りで食べれば、それなりに楽しめます。

その日、特価になってるヨーグルトを買うというやり方もありますしね。

まとめ

ヨーグルトが花粉症に本当に効くの?と疑心暗鬼にならず、腸内環境の改善目的として、棚ボタ的に花粉症も治ったり軽減できれば最高かもねくらいの軽い気持ちで、是非、一度チャレンジしてみてください。
私も花粉症の諸症状が完全にとまったワケではないのですが、本当に軽くなりました。最高です!

↓食べるのが辛けりゃ、飲むヨーグルトでいいんですよ。乳酸菌を摂取できればいいんですから。

カルピス 守る働く乳酸菌 200ml×24本
カルピス 守る働く乳酸菌 200ml×24本

posted with amazlet at 16.06.03
カルピス
売り上げランキング: 46
トプラン ヨーグルトファクトリーPREMIUM TKSM-016
東京企画販売 (2015-10-09)
売り上げランキング: 48
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする