価格に如実なワインについて

wine-kakaku2
千円刻み、いや5百円刻みの厚い壁というものが存在するかもしれない。それほどワインのお味は価格に正直です。なので、千円以下でテラ美味いワインなんて存在するわけもないし、国産ワインなんて飲む理由がどこにあるんだよだし。でも、国産でこれ!っていうのがございましたら、是非とも情報提供のほど、よろしゅうお願い申し上げます。勿論コスパを兼ね備えて無いと駄目なんですがね。

誰しもが安くて美味しいワインを飲みたい。日々、体の芯から感じるワインに出会いたいと四六時中願いつつも、現実はCAの藤田社長クラス以外の方のハウスワインは、上限5千円となるだろうし、何とか1,680円前後で許してとなるわけですが、偶には飲みたいんです!「目を閉じればそこはオアシス、小鳥がさえずり、1面に咲き誇る七色に輝く花々。あー神よっていう」ワインを。

でも実はあんまりイイの飲んじゃうと逆に辛くなりますので、お気を付けくださいと忠告しておきます。良いワインバーってのは、まず、間違いなくオーナーはワインオタクであるからして、上物が沢山ストックされています。ちょっと調子に乗って、今のこの気分に最適なロマンちックなワインを出してください!なんて気取った注文すると、ブルゴーニュのどこぞのなんちゃら古酒が注がれるわけなんです。もうね、色見ただけでね、こりゃーぶっ飛び旨いぞ!って分かるんですね。

あとは、かほりを嗅ぐ、舌でころがし、ゆっくりと食道を潤し、胃袋で老木のテロワールを感じるのみ。こんなワイン飲んじゃうとね、もうね後戻り出来ないのよ。

一度本当の上物ワインを飲むとこうなる
【記憶は残酷なり】

    • 5千円くらいのイタリアワイン飲む → 2千円くらいのチリワイン飲む → ま、いつも通り普通に美味しいよね。
    • 5万円くらいのブルゴーニュのどこぞの畑のワイン飲む → 1,300円くらいのチリワインを飲む → 糞不味い!!(# ゚Д゚)

となるのです。由々しき問題です。。舌の記憶は恐ろしいですよ、ほんと。ガキの頃にぷりぷっりの天然鰻を食してからというもの、普通の養殖ウナギが普通過ぎるになる件などに似通ってたりもします。

起業家
起業家

posted with amazlet at 13.08.02
藤田 晋
幻冬舎
売り上げランキング: 894
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする