マキタの掃除機(ハンディークリーナー)【14.4V 比較 18V】 どちらがおすすめか?!

スポンサーリンク

マキタの掃除機(CL182FDRFW)

新幹線の清掃にも使用されているMakitaの充電式掃除機「CL182FDRFW」を購入しました。これ、吸います!メイン機として充分に活躍します。車など屋外での利用も出来ますし、本当に買って後悔はしないはずです。

18vがおすすめです!!

このマキタのハンディークリーナーは、業務用なら14.4Vと18Vがありますが、迷わず18Vを買いましょう!たまたま14.4Vのインパクトドライバーを所有していたので違いを試してみたんです(笑)そしたら、全然違うんですね。モーター音の大きさが比較にならないほど違います。すなわち吸引力に大きな差があるということです。下記写真を見れば明らかに18Vのリチウムイオンバッテリーの方が大きいので重量も重い。そこのデメリットはありますが、それほど気にする重量差ではございません。ま、既に流用できるバッテリーをお持ちであれば、掃除機本体のみでよろしいでしょうが、新規に導入となれば、120%、18Vをおすすめします。

マキタ(14.4Vと18V 比較)

充電器と本体は、7.2V~18Vに対応しています。

マキタの充電器

マキタのバッテリーは大昔のものは知りませんが、ボルト数が違っても共通で使えるようです。ただし、このハンディー掃除機も含め電動工具類は最低14.4V以上のものは選びましょう。大は小を兼ねるといいますね。

まとめ

  • 掃除機は吸引力が命!18Vが正解です!
  • 通販生活バージョンの掃除機は駄目!10.8V ← 非力です。(だから安い)
  • 紙パック式を選びましょう!掃除機はやっぱり紙パックの方が楽!!

車の掃除に使うなら、このふにゃふにゃフレキシブルホースは必須です!便利です!

makita 充電式クリーナー フレキシブルホース A-37568
マキタ(Makita)
売り上げランキング: 683

番外編「ダイソンは買いなのか?!」

最近見つけた、この「図 6 モデルごみの吸い込みに伴う吸込仕事率の低下」図6~~!!
ごみの吸い込みに伴う吸込仕事率の低下

NO.4がダイソンです。。:(;゙゚’ω゚’): ほげツ

詳しく探求される方は、こちらのPDFをご覧ください
→ http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20060406_1.pdf

ダイソンではないサイクロン式を使ったことあるけど、吸引力と便利さは、やっぱり紙パックだよね。ということは、既に気付いております♪

スポンサーリンク

フォローする